ラクーンの独り言

茨城と信州の地域情報からアート情報、子育ての事まで何でもアリのブログです!

☆ Japan With Kids ☆
The interactive online community for English speaking parents in Tokyo and all of Japan!

Tokyo With Kids

ランキングに参加しています★
クリックして頂けたら嬉しいです♪
にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ

ブログ内検索

記事が見つからない時は
こちらからどうぞ。

プロフィール

ラクーン

  • Author:ラクーン
  • ラクーンとMini-Meことラスカルです♪
    .';.▲  ▲ ;.`:.', ▲  ▲ <<≡・ェ・≡>> ;.:

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

私はいつも1枚11円くらい
の時に注文してます。
送料等がかからない*
ので本当にお勧めです♪
配達も早いので是非お試しを!



★帰国後参考にした本です:
Welcome to 日本語教室
New Japan for Kids


コーヒーばんざい♪
大満足・超オススメ


♪ 長野発のネットラジオだよ!♪

Welcome to Raccoon's Monology! This page is best viewed with Mozilla Firefox.
Please scroll down for the list of categories like Ibaraki, parenting and Nagano.

スポンサーサイト -----------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CATEGORY : スポンサー広告  △Page Top

帆引き船: 「騒動」になってた・・・ 2008-11-13-Thu



このブログでフォトレポートをした霞ヶ浦・七色帆引き船:
・ 国民文化祭・七色帆引き船
・ 七色帆引き船: 今度は陸地から

国民文化祭のパンフレットやチラシには必ずと言って良いほど
写真が掲載され、国文祭いばらき2008を象徴するようなイベントでした。

それが週刊誌で騒動として取り上げられていると聞き、
私もさっそくチェックしてみました。

その週刊誌というのが「サンデー毎日」で、表紙にも大きく
「皇太子さまも「えっ」!? 霞ヶ浦「帆引騒動」の視界不良
と掲載されているくらい、大きな話題の扱いでした。


実際の記事画像。

「視界不良」なんて書いてあるものだから、てっきり単純に天気に
関係する記事かと思っていました。 ・・・と言うのも、11月1日から9日までの
9日間、晴れた日がたった1日しかなく、あとは曇りか小雨が降るような
天気だったから。

実際の記事の内容は、
11月2日に皇太子様が霞ヶ浦環境科学センターをご訪問された際に
そこから「見えるべきだった」レインボーカラーの帆引き船が一隻も見えなかった、
というもの。

この記事を読むまで、私はてっきり皇太子様は実物をご覧になられたものだと
思い込んでいたので、驚きましたね?。

土浦市にある霞ヶ浦環境科学センターは、2日に帆引き船の操業が行われた、
かすみがうら市の歩崎公園からは目と鼻の先。 霞ヶ浦環境科学センターの
HPにも「11月2日(日)は、都合により開館時間を午後3時30分から午後6時まで
に変更いたします。 ご了承ください。」とあったので、大抵の人はピンと来たはず。

霞ヶ浦環境科学センターは開館以来、もう何度も何度も行っている場所で、
歩崎公園もよく知っています。 歩崎公園沖で七色帆引き船が操業されれば、
霞ヶ浦環境科学センターが建つ、丘の下あたりまで船が来ることは物理的には
難しくない、というか、簡単なこと。

記事の中では、霞ヶ浦町と千代田町の合併で出来た「かすみがうら市」と、
その2つの町の吸収合併に失敗した土浦市との因縁を取り上げ、それが
調整が上手く行かなかった理由ではないか、と疑問を投げかけています。

記事を読む限りでは両市の関係は良く、それが調子が上手くいかなかった
理由ではないようですが、かすみがうら市長の「県から船を出して欲しいという
要望はなかった」というコメントも掲載されており、実際には何があったのサ?!
と気になってしまう記事でした。

皇室ジャーナリストの神田氏の「宮内庁が人員不足で細かい調整が出来なかった、
茨城県も工夫不足」という内容のコメントに思わず納得してしまいましたが、記者が
宮内庁に問い合わせると、宮内庁から県に帆引き船の要望は出していないという
返答が来たと書かれています。

さあ、実際はどうなんでしょう。かすみがうら市はともかく、土浦市は観光PRの
下手さで地元住人からも呆れられている都市ですから、
記事を読む人によって意見が分かれると思います。

考えてみれば、皇太子様が視察された2日は、国文祭9日間のなかで唯一
晴れた日。 汗ばむくらい暖かな日だったので、七色の帆引き船も
よく見えたでしょうから残念に思っている関係者も多いことでしょうね。

気になる方はこの雑誌を買ってご自分で判断してみてください。
(ちなみに私が利用した書店では、「霞ヶ浦「帆引騒動」の視界不良」と
表紙にのっていたせいか、他の週刊誌の山に比べるとはるかに山が
低くなっていましたよ。)

関連サイト:
サンデー毎日
藤代範雄デザイン事務所
国民文化祭 - 霞ヶ浦・水の文化フェスティバル

CATEGORY : ・ 茨城県/Ibaraki Trackback 0 Comment 2 △Page Top

« マカロニきなこ | ホーム | おでんかん »


コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

ありがたう (:D)┓ペコリ 桜ん坊 | URL | 2008-11-13-Thu 13:03 [EDIT]

他県者の立場からの見解では、

 ◇゚)ノ へーわだな~

ってな感じす (^▽^桜)

そーいや、
伊那谷にはソースカツ丼騒動(もどき)がありましたな。
みっともない (´・ェ・`)

 ラクーン | URL | 2008-11-14-Fri 08:04 [EDIT]

> ◇゚)ノ へーわだな~

確かに~。
ちょっと記事の趣旨も分かりにくかったのよねぇー

> ソースカツ丼騒動

こっちの騒動の方が絶対大きいと思う^^
全国版のニュースでもソースカツ丼騒動のこと
取り上げたくらいだもの~。Viva!丼、丼!v-371


トラックバック

TB*URL

| ホーム |

くつろぐランキング FC2 Blog Ranking 美術人気ランキング娯楽部
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。