ラクーンの独り言

茨城と信州の地域情報からアート情報、子育ての事まで何でもアリのブログです!

☆ Japan With Kids ☆
The interactive online community for English speaking parents in Tokyo and all of Japan!

Tokyo With Kids

ランキングに参加しています★
クリックして頂けたら嬉しいです♪
にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ

ブログ内検索

記事が見つからない時は
こちらからどうぞ。

プロフィール

ラクーン

  • Author:ラクーン
  • ラクーンとMini-Meことラスカルです♪
    .';.▲  ▲ ;.`:.', ▲  ▲ <<≡・ェ・≡>> ;.:

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

私はいつも1枚11円くらい
の時に注文してます。
送料等がかからない*
ので本当にお勧めです♪
配達も早いので是非お試しを!



★帰国後参考にした本です:
Welcome to 日本語教室
New Japan for Kids


コーヒーばんざい♪
大満足・超オススメ


♪ 長野発のネットラジオだよ!♪

Welcome to Raccoon's Monology! This page is best viewed with Mozilla Firefox.
Please scroll down for the list of categories like Ibaraki, parenting and Nagano.

スポンサーサイト -----------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CATEGORY : スポンサー広告  △Page Top

青梅赤塚不二夫会館?昭和レトロ商品博物館?昭和幻燈館 2008-07-29-Tue


トキワ壮

赤塚不二夫会館1階にある、山本高樹さん作のジオラマ。
トキワ壮は赤塚不二夫だけでなく、藤子不二雄A、藤子.F.不二雄、
石ノ森章太郎など、マンガにそれほど詳しくない人でも知っている
超超有名な漫画家たちが住んでいたアパート。

彼らたちが住んでいた時代にタイムスリップして、その当時の
アパートの雰囲気を覗いてみたいくらいです。2階には
赤塚不二夫さんが使っていた部屋を再現した部屋もあります。

青梅市のHPに、平成19年3月10日?18日に開催された、
青梅赤塚不二夫会館三周年イベント「赤塚不二夫のトキワ荘なのだ!」
で、トキワ壮やジオラマについて詳しく載っていますのでご覧ください。


青梅赤塚不二夫会館1Fは記念撮影OKになっています。
入ってすぐの所には、赤塚不二夫さんのマンガを座って読める
スペースがあり、ラスカルもちゃっかり完読。

去年書いた情報でちょっと変わった点といえば、斜め前にある
駐車場で使える30分無料券。 現在は500円以上の買い物で
もらえるようで、私もおみやげを購入した際にもらいました。


名前にグッときた赤塚不二夫会館隣りの焼き鳥屋さん、
シカゴチキン。


今年もまた3館共通券を購入して、いざ
昭和レトロ商品博物館、昭和幻燈館へ。

昭和レトロ商品博物館で展示してあるものは、地元の方々が持ち寄った
ものだと聞きました。これだけのものをコレクションして管理するのは
大変なことだろうと思います。

ここでラスカルが一番反応したのは、レトロなランチボックスや
おもちゃではなく、なんと赤電話。考えてみれば、ラスカルは
ダイアルを回して電話をかけたことがないかも。
ちょっと前までは実家でもダイヤル式の電話だったんだけどなぁ...。

赤電話のダイヤルを楽しそ???にまわしているラスカルを見て、
自分が年をとってしまった事をイタイほど感じてしまいました(TωT 。)


昭和幻燈館入り口。
こちらでは上でも書いた、山本高樹さんのジオラマと、
映画看板絵師の久保板観さんの看板を楽しむ事ができます。
ラスカルは3館の中でも昭和幻燈館を一番楽しみにしていたんだとか。

こちらでは猫の絵を描く、有田ひろみさんの絵やグッズなどが
展示販売されているお店がいっしょになっています。
ラスカルはここでアイスクリームを食べて更にテンション

7月最後の週末26・27日は、JR青梅駅前で朝顔市が
開かれていました(こちら)。残念ながら到着したのがお昼すぎだったため、
朝顔市の風景を楽しむことは出来ませんでしたが、それでも
まだ鉢植えの朝顔を販売していた店舗もあったので、
ちょっとだけでも見れたのでラッキー♪、って感じでした。

次のエントリーで有田ひろみさん作の猫たちなどを紹介します:
猫好きにはたまらない青梅シネマチックロード
商店街全体が美術館: 青梅宿エリア

関連HP:
青梅赤塚不二夫会館 ---> 移動先: http://akatsuka-hall.omjk.jp/
昭和レトロ商品博物館 ---> 移動先: http://showa-retro.omjk.jp/
昭和幻燈館(青梅市内の美術館・博物館リスト)

昨年の様子はこちら:
青梅ぶらぶら?
青梅シネマチックロード(旧青梅街道)

更新:
新聞、ニュース番組でも多く取り上げられましたが、赤塚不二夫さんが8月2日にお亡くなりになりました。昨年、青梅赤塚不二夫会館を訪れた際に初めて赤塚不二夫さんが長い間植物状態であり、奥様が亡くなられた事も知らないままであることを知りました。彼の回復を願っていた方々といっしょに今は彼の功績を祝いたいと思います。

関連記事:
赤塚不二夫さん死去:「昭和」またひとつ消えた (毎日)
巨匠悼み、ファンが記帳=青梅赤塚不二夫会館?東京 (ヤフー)
「肉親以上の援助 先生ありがとう」…タモリが赤塚不二夫さん追悼 (産経)

CATEGORY : ・ 博物館等/Museums Trackback 0 Comment 0 △Page Top

« 猫好きにはたまらない青梅シネマチックロード | ホーム | 三井アウトレットパーク(コストコ)に行ってみた »


コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

| ホーム |

くつろぐランキング FC2 Blog Ranking 美術人気ランキング娯楽部
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。