ラクーンの独り言

茨城と信州の地域情報からアート情報、子育ての事まで何でもアリのブログです!

☆ Japan With Kids ☆
The interactive online community for English speaking parents in Tokyo and all of Japan!

Tokyo With Kids

ランキングに参加しています★
クリックして頂けたら嬉しいです♪
にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ

ブログ内検索

記事が見つからない時は
こちらからどうぞ。

プロフィール

ラクーン

  • Author:ラクーン
  • ラクーンとMini-Meことラスカルです♪
    .';.▲  ▲ ;.`:.', ▲  ▲ <<≡・ェ・≡>> ;.:

カレンダー(月別)

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

私はいつも1枚11円くらい
の時に注文してます。
送料等がかからない*
ので本当にお勧めです♪
配達も早いので是非お試しを!



★帰国後参考にした本です:
Welcome to 日本語教室
New Japan for Kids


コーヒーばんざい♪
大満足・超オススメ


♪ 長野発のネットラジオだよ!♪

Welcome to Raccoon's Monology! This page is best viewed with Mozilla Firefox.
Please scroll down for the list of categories like Ibaraki, parenting and Nagano.

スポンサーサイト -----------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CATEGORY : スポンサー広告  △Page Top

碌山美術館でのひととき 2008-05-16-Fri


帰省中ちょこっと書いた碌山美術館(碌山美術館 開館50周年)。

3時半到着(閉館5時)だったため、駆け足で観て回っただけですが
アートゴコロを十分にくすぐられて帰ってきました♪


同じ安曇野(穂高)出身の井口喜源治(いぐち きげんじ: 
井口喜源治井口喜源治記念館)の影響でキリスト者となった碌山。

美術館の建物、敷地内には十字架があちらこちらにあるのですが、
宗教色が強いわけでもなく、宗教の重苦しさもない。


むしろグラスルーツ・アート※な感じがとても暖かい。

※参照: Grassroots Art Center


閉館間近、4時半を回った頃に撮ったと思うのですが、
本を読んでいる人、写真を撮っている人、スケッチをしている人、
たくさんの人がそれぞれの形でくつろいでいました。

たまに聞こえてくる踏切の音も、全く「騒音」にはならず、
逆に木々の間から聞こえてくる音が心地よく聞こえるくらい。


碌山館入口と踏み切り。
JR穂高駅から徒歩で7,8分。

方向は違いますが、井口喜源治の記念館へも
穂高駅から同じくらいの時間で到着します。

両館とも駅からとても分かり易い場所にあり、
アート好きにはもちろん、観光客にもとっても嬉しいスポットです。

碌山美術館 Rokuzan Museum of Art
井口喜源治記念館

当ブログ関連記事:
碌山美術館 開館50周年
Love is Art, Struggle is Beauty

CATEGORY : ・ 博物館等/Museums Trackback 0 Comment 0 △Page Top

« 雨ニモマケズ・・・、つくばフェスティバル2008 | ホーム | リッター147円で安さを感じるって・・・ »


コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

| ホーム |

くつろぐランキング FC2 Blog Ranking 美術人気ランキング娯楽部
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。