ラクーンの独り言

茨城と信州の地域情報からアート情報、子育ての事まで何でもアリのブログです!

☆ Japan With Kids ☆
The interactive online community for English speaking parents in Tokyo and all of Japan!

Tokyo With Kids

ランキングに参加しています★
クリックして頂けたら嬉しいです♪
にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ

ブログ内検索

記事が見つからない時は
こちらからどうぞ。

プロフィール

ラクーン

  • Author:ラクーン
  • ラクーンとMini-Meことラスカルです♪
    .';.▲  ▲ ;.`:.', ▲  ▲ <<≡・ェ・≡>> ;.:

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

私はいつも1枚11円くらい
の時に注文してます。
送料等がかからない*
ので本当にお勧めです♪
配達も早いので是非お試しを!



★帰国後参考にした本です:
Welcome to 日本語教室
New Japan for Kids


コーヒーばんざい♪
大満足・超オススメ


♪ 長野発のネットラジオだよ!♪

Welcome to Raccoon's Monology! This page is best viewed with Mozilla Firefox.
Please scroll down for the list of categories like Ibaraki, parenting and Nagano.

スポンサーサイト -----------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CATEGORY : スポンサー広告  △Page Top

茅の輪くぐり・笠間稲荷神社(平成19年) 2007-07-03-Tue

先週土曜日は6月30日。
1年の半分の最後の日」でした。

今までは何とも思わない日でしたが、今年初めて、
茅の輪くぐりという神事を観に行ってきたおかげで、「ただの日」でなくなりましたね?。

(写真はクリックすると大きめの写真に変わります)

仲見世通りの入口にあった、大祓式の看板。


茅の輪。
右側には茅の輪くぐりの説明、左側には写真で茅の輪のくぐり方の説明がありました。


夏越しの大祓式は午後4時半に神社入口横の交通安全祈祷所で始まりましたが、
始まってすぐに小雨がぱらつき始めるという、悪天候の中で神事は進められました。
この日は一日中肌寒い陽気だったので、小雨でもとても体に悪い雨でした(>_<)


境内に移動して茅の輪くぐり。


みんな順番でくぐってます。


最後は一般の方。
笠間稲荷神社前の通りでは、この神事のあと夏祭りが行われたため、
浴衣を着た小さい子供達がたくさんいました。

そうそう、茨城にくるまで「茅の輪」なんて聞いた事がなかったので、これは茨城や関東地区の神社の伝統行事かと勘違いしていましたが、日本全国で行われている行事でした/(^^ ;)。

笠間稲荷神社ホームページより抜粋:

茅の輪の起源については、釈日本紀七の備後風土記逸文に、神代の昔、素盞鳴尊(すさのおのみこと)が南海の方へお出になる途中、ある所でお泊りになろうとして土民の蘇民将来(そみんしょうらい)と巨旦将来(こたんしょうらい)という兄弟に宿を求めました。弟の巨旦将来は裕福であったにもかかわらず、宿を拒んだのに対し、兄の蘇民将来は、貧しくても素盞鳴尊をお泊めし、粗末でありましたが精一杯おもてなしをしました。その後、年を経て素盞鳴尊はふたたび蘇民将来の家を訪れ「若し天下に悪病が流行した際には、ちがやをもって輪を作り、これを腰につけておれば免れるであろう」と教えました。この故事に基づき「蘇民将来」と書いて、これを門口に貼れば災いを免れるという信仰が生じ、祓いの神事に茅の輪を作って、これをくぐり越えるようになり、現在にいたっています。



蘇民将来は、長野県上田市近辺の蘇民将来符で名前は知っていましたが、茅の輪くぐりとの関係を全く知りませんでした。ホント面白いです?(^u^) 帰国して何年も経ちますが、今でも神社やお寺、昔ながらの日本を見るとテンション上がります(笑)

余計な情報(?)ですが、この蘇民将来と似たような話(教訓)は、実は西洋にもあるんですよ。聖書の中に出てくる話ですが、西洋の文化圏などで暮らしている人なら、キリスト教徒でなくても誰でも知っているような話です。参照:Good Samaritan (良きサマリア人)(ウィキペディアより)。
あ・あ、面白???い (興味深いってことネ)

関連HP:
笠間稲荷神社
蘇民将来符

CATEGORY : ・ 茨城県/Ibaraki Trackback 0 Comment 2 △Page Top

« テプコのCMに安曇野が! | ホーム | 安曇野生まれの・・・ »


コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 桜ん坊将軍 | URL | 2007-07-03-Tue 16:20 [EDIT]

> これは茨城や関東地区の神社の伝統行事かと勘違いしていましたが、
同じく~ (・∀・)v
この手の行事の情報は入ってこんしねぇ。

> 巨旦将来(こたんしょうらい)
これは、しょこたんと関係があるんでそうか (・△・?)

しょこたん、なるものを理解もしてなきゃ、ググる気もないわけど (^▽^桜)
WINK の片割れか。


 ラクーン | URL | 2007-07-05-Thu 12:21 [EDIT]

>同じく~ (・∀・)v
でしょーっ!!!
かなり広い範囲で行われているみたいだけど、
長野にいた頃は聞いたことなかったよ!

>これは、しょこたんと関係があるんでそうか (・△・?)

(≧Д≦)ヤメテーッ
もうしょこたんが頭から離れなくなっちゃったジャンっ!

>WINK の片割れか。
ダメだ、昨日このコメントを呼んで以来、
WINKの歌が頭の中で永遠に流れてます(T_T)


トラックバック

TB*URL

| ホーム |

くつろぐランキング FC2 Blog Ranking 美術人気ランキング娯楽部
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。